京都で和風のフォトウェディングを

こんにちは 古都の花嫁です。京都でフォトウェディングをするのであれば、和装がおすすめです。古風な京都の街並みとマッチした、素敵なロケーション撮影も行うことができます。

前撮りには和装に挑戦

和風の結婚式を行うご夫婦が減ってきている中、京都でフォトウェディングを撮影するときには、着物での撮影を行うご夫婦も多いものです。
京都は、今でも古風な街並みが残っています。
着物を着てロケーション撮影を行うと、まるでタイムスリップしたような、とても美しい写真を撮ることができます。
結婚式には、ウエディングドレスを着るご夫婦でも、前撮りで着物姿の写真を残しておくことで、洋風と和風の両方の写真を残すことが出来るでしょう。
仕上がりを結婚式の前にしておけば、結婚式当日に、待ち時間にゲストの方々に前撮りした着物姿の新郎新婦を見ていただくことも出来ます。
洋風と和風では、仕上がりの雰囲気が全く違います。
結婚式では見られない、和風の新郎新婦の姿をゲストの方々に見てもらうのも良いでしょう。

人生の節目ともなる結婚式の写真は、結婚式当日だけでなく、前撮りを上手に活用して、いろいろな雰囲気の二人の姿を残しておくのも良いでしょう。二人の世界観をしっかりと出すことが出来るでしょう。